現在位置:
中国嘉徳は再び業界最高賞の「青花賞」を獲得
2017-08-25

819日、第4回中国文物芸術品オークション国際フォーラム、及び第2回中国文物芸術品オークションランキング(青花賞)の受賞式が上海で行われました。中国嘉徳董事総裁である胡妍妍女史がフォーラムに出席、演説をされました。その他に、フォーラム当夜に開催された中国文物芸術品オークション業界の最高大賞である「青花賞」受賞式で、中国嘉徳は素晴らしい成績と、誠実かつプロフェッショナルなサービスで、8つの大賞を受賞しました。

 

今回のフォーラムは「オークションに国境はない」というテーマのもと、国際的な視野から中国文物芸術品オークション業界の発展、芸術品市場の転換、及び国際オークション市場の協力発展等を検討しました。文化部、国家文物局、上海市政府、中国競売業界協会等からのリーダーたちが出席してスピーチをされました。中国競売業界協会副会長、中拍協芸委会名誉主任、そして中国嘉徳副董事長である王雁南女史はフォーラムで宣言を発表しました。その他、在中国フランス大使館、フランス競売労働組合、イギリス骨董商協会、台湾芸術品競売協会、及び各オークション会社からの偉大な経営者、研究者もフォーラムに出席され、総合参加人数は200名を超えました。

 

【聚焦嘉德年】中国嘉德再度喜获业内最高奖项“青花奖”8项殊荣

第四回中国文物芸術品オークション国際フォーラム

 

【聚焦嘉德年】中国嘉德再度喜获业内最高奖项“青花奖”8项殊荣

王雁南女史がスピーチをされています

 

「オークション市場のグローバル化」というテーマのスピーチで、中国嘉徳董事総裁である胡妍妍女史が以下のように述べられました。「グローバル化の背景のもと、中国オークション業界は発展のチャンスがあり、ピンチにもチャレンジにも面しています。中国のオークション会社は積極的に作品を集め、適切なクライエントを狙うと同時に、サービスのグローバル化にも注力しなければなりません。グローバル化のブランドを作り上げ、国際的な競争力を強めることが大事です。我々は中国文化芸術品競売業界の一つとして自信を持って、「オークションには国境がない」と言えるように力になりたいです。」

 

【聚焦嘉德年】中国嘉德再度喜获业内最高奖项“青花奖”8项殊荣

中国嘉徳董事総裁の胡妍妍女史がスピーチをされています

 

「青花賞」は、中国文物芸術品オークション業界の最高大賞として2016年から始まりました。当賞は毎年の競売経営データに基づいて対比、確認された後に授賞が決まるので、最高の権威性及び客観性を有しています。今回の「青花賞」授賞式で、中国嘉徳は8つの大賞を授賞されました。

 

【聚焦嘉德年】中国嘉德再度喜获业内最高奖项“青花奖”8项殊荣

中国嘉徳代表者が「青花賞」で授賞されました

 

【聚焦嘉德年】中国嘉德再度喜获业内最高奖项“青花奖”8项殊荣

「青花賞」の授賞式

 

総合大賞部門では、中国嘉徳は「2016年度トップ10会社」賞を受賞しました。その他には、「決済能力賞」、「収益能力賞」、「規模賞」、「産業賞」、「創税賞」、「収入賞」という6つの大賞を授賞されました。また、特別賞部門では、中国嘉徳は「2016年度公益寄贈賞」を受賞しました。

 

2017年は芸術業界で「嘉徳年」と呼ばれています。その秋に、中国嘉徳は中国文物芸術品オークション業界の最高栄誉を獲得しただけでなく、アジア初の「ワンストップ式」芸術品プラットフォームである嘉徳芸術センターがまもなく登場する予定です。嘉徳芸術センターは、北京の新たな文化ラウンドマークとして芸術品オークション、展覧会、文物鑑定修復、及び芸術交流と挑戦が一体化した総合芸術センターを目指します。

 

その他に、中国嘉徳香港2017秋季5周年記念オークションは、930日から103日の間に香港会議センターで開催されます。今回の秋季オークションは中国書画、古典家具、磁器工芸品、宝石と高級腕時計、及びアジア20世紀及び現代芸術等の分野を含め、数多くの逸品が集まっております。コレクターの皆様のご来場、心からお待ちしております。